審美歯科

審美歯科・ホワイトニングについて

審美歯科・ホワイトニングについて

審美歯科というとただ単に見た目の美しさを求める処置を行うと思われがちですが、実はそうではありません。噛み合わせなどのお口の機能を整えながら審美性を重視した処置を行うのが審美歯科です。

アーク歯科・矯正歯科クリニックでは、ホワイトニングや審美歯科(セラミック)治療に対応。機能的で美しい口元を目指す皆様のお手伝いをいたします。ここでは当院でおすすめする審美的処置「ホワイトニング」「ラミネートベニア」「セラミッククラウン」をご紹介いたします。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯の色というのは、「象牙質」の色で決まります。歯の表面を覆っているエナメル質は透明に近く、象牙質の色が透けて見えているのです。

本来、象牙質はやや黄色みを帯びていますが、それが加齢とともにさらに黄ばんでくる傾向があります。
また、エナメル質も年々摩耗して薄くなってきますので、歯の色が年齢を重ねるごとに濃く見えてしまうことがあるのです。

そこで黄ばんだ歯を白くする処置が「ホワイトニング」です。

ホワイトニングとは、薬剤を使った歯を漂白する方法です。歯の表面に白い色を着色したり、歯を削ってプラスチックなどを貼り付けたりする処置ではなく、加齢などで黄ばんでしまった歯を薬剤によって本来の白い歯に導くという安全な方法なのです。

ホワイトニング

オフィスホワイトニング ~歯科医院で行うホワイトニング~

オフィスホワイトニング
施術は簡単です。まずは歯科医師や歯科衛生士が歯の汚れをクリーニングし、ジェル状のホワイトニング剤を歯の表面に塗布。最後に薬剤の働きを活性化させる特殊な光を照射します。これを3回繰り返すことで、真っ白い歯を取り戻すことができるのです。

ラミネートベニア

歯の形や歯の色が気になる歯の前面をごく薄く削り、その上にセラミック製の薄い人工歯を付け爪のように貼り付けて白くてキレイな歯をつくる方法です。強力な接着剤で貼り付けるため、一度接着すると取り外しはできません。

ラミネートベニアは、以下のような症例に適しています。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

セラミッククラウン

セラミッククラウンとは、歯を大きく削った場合に被せるセラミック製の人工歯です。セラミックには光の透過性があり、色調や形の微調整ができるため、天然歯の質感を再現できます。大きな虫歯を治療した場合、一般的には保険治療で銀歯を被せますが、このセラミッククラウンを使うことでまるで自分の歯のような仕上がりを実感できます。また、セラミックは摩耗や変色がないため、今使っている被せものが壊れてしまった、変色してしまった、という症例におすすめです。

セラミッククラウン