費用の負担がグッと下がるオールオン4の費用面でのメリット

2016年07月1日 (金)更新

歯が抜けてしまった場合の治療法として、インプラント治療があります。インプラントは抜けてしまった歯とほぼ同様の状態に戻すことにより、抜ける前の噛む力や機能美を取り戻すことができる反面、治療にかかる期間やコストがかかるというデメリットがあります。1本あたりの相場はおよそ30万円~です。仮に、すべての歯をなくしてしまった場合、インプラントで歯をすべて元に戻した場合、恐ろしいほどの金額が必要になります。その費用を何とか抑えられないかとお考えの方に、インプラント治療のひとつであるオールオン4治療についてご紹介したいと思います。

インプラントはなぜ高いのか

インプラントはなぜ高いのか

インプラント手術に関してご質問いただく中で、やはり多いのが費用についてです。歯医者さんにとっても、インプラントの治療は一番高い治療になるため、インプラントがベストの治療ではないとしている場合もあります。とはいえ、高いことには理由があります。インプラント治療を行うには手術が必要になります。そのため、手術に必要な整備を整えたり、雑菌が入らないようにするための細心の注意などが求められます。加えて、保険の適用外となるため、患者さんの自己負担率が100%になります。他の歯の治療と負担率が違う分、費用を比べてしまうと高くなるのです。

多くの歯を失った方に。費用を抑えられるインプラント・オールオン4治療

多くの歯を失った方に。費用を抑えられるインプラント・オールオン4治療
歯や歯の機能を失ってしまった方に行うインプラントの治療のひとつに、オールオン4というインプラントの治療方法があります。従来、失った歯のすべてにインプラントを埋め込む方法しかなかったため、インプラント1本×入れた本数分の費用が必要でしたが、オールオン4の場合、顎の骨4箇所だけにインプラントを埋め込み、人工の歯を入れるため、インプラント治療に比べて費用を抑えられるというメリットがあります。総入れ歯と違い、元の歯どおりの噛む力もインプラントと同様に取り戻せるので、美しく健康的な歯をなるべく少ない費用で手に入れたいという方にはおススメの方法といえます。
いかがでしたでしょうか。歯や歯の機能を失ってお困りの方には、オールオン4治療で費用を抑えながら元の歯のような状態に戻すことが可能だということがお分かりいただけたと思います。もちろん、歯を元に戻してからもメンテナンスは定期的に必要になりますので、治療が終わって終わりではなく、治療が終わってからが始まりだということも忘れずに覚えておいてくださいね。

コラムバックナンバー