納得してから通いたい!矯正歯科の選び方

2017年01月1日 (日)更新

医学の発達により矯正にも様々な治療法が増えてきました。私たちにも治療を選ぶ権利がありますし、自分に合った歯医者さんへ行きたいですよね。納得してから矯正治療を行う為に、まずは準備が必要です。

矯正専門の先生がいる歯医者さんへ行きましょう

矯正専門の先生がいる歯医者さんへ行きましょう
矯正歯科は、より専門的な知識が必要です。まずは矯正治療を行っている病院を探しましょう。矯正器具により歯ブラシが上手く出来ず歯周病や虫歯になる可能性が高いです。矯正をメインに行っている先生は矯正に力を入れている為、矯正以外の治療が苦手な先生が多いことがあるので、一般歯科と矯正歯科が含まれている歯医者さんを選ぶことがお勧めです。もし、虫歯や歯の神経などの一般治療を行っている患者さんは、矯正専門の歯医者さんと並行して通うのも方法の1つですね。

通える歯医者さんを選びましょう

矯正治療を行うと歯が動いている状態の確認や矯正器具の調節など、来院する回数が増えます。まずは通える場所を選びましょう。矯正治療の方法により値段は異なりますが、特別な場合以外は、保険適応外の為、高額になるので、治療中に引っ越しの予定がある場合は、国立の歯科大学病院での治療がよいでしょう。なぜなら、国立病院で治療を始め国立病院で引き継ぎの治療を行う場合は治療費をそのまま引き継ぐことが出来るのです。

自分に合う先生を見つけましょう

自分に合う先生を見つけましょう
矯正は長期間の治療を行います。開業している歯科医院では治療費も異なる上、別の歯科医院へ行くことになると、また治療費を余分に払うことになります。ですから、治療をする前に先生から説明を受け、自分に合った先生を見つけましょう。また、歯科矯正のカウンセリングも受けてみましょう。ただし、カウンセリングは歯医者さんによっては有料のところもありますから注意して下さい。

具体的な説明をしてくれる

カウンセリングを行った後、検査を行います。矯正治療の場合、様々な検査を行います。ですので、検査が十分に出来る設備が整っているか確認しましょう。検査後は治療の計画を先生と一緒に立てましょう。矯正治療を開始すると治療を進めるごとに装置がいくつか変わることがあります。矯正装置が変わっても正しい使い方を知らないと余計に治療が長引いてしまいます。治療の計画からその装置の使い方や装置の交換頻度、調整回数、治療費など細かく教えてくれる先生を見つけましょう。

治療の選択肢を広げてくれる

目立ちにくい矯正がしたい、出来るだけ早く終わらせたいなどの要望がある場合は、そのきちんと伝えてください。良い先生はなるべく要望に合った治療法を勧めてくれます。状態によっては受け入れてもらえない要望もありますので、きちんと先生と相談してからどう治療していくかを決めましょう。治療途中で意見をコロコロと変えてもかえって治療を長引かせたりと先生を困らせてしまうので注意して下さい。

コラムバックナンバー