前歯のインプラントは難しい…でもその分メリットは大きいらしい!

2017年08月1日 (火)更新

前歯は歯の中でも最も目立つ歯であり、顔の印象を大きく左右します。奥歯が抜けていても、話をしている相手には気づかれないことが多いですが、前歯が抜けているのに気が付かない人はいないでしょう。何らかの理由で前歯を失ってしまった場合、歯医者さんから「前歯のインプラント治療」を進められることがあるようです。
難しいと言われる前歯のインプラント手術ですが、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか?前歯をインプラントする3つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット1.周囲の歯に影響を与えない

メリット1.周囲の歯に影響を与えない
前歯を何らかの理由で抜かなければいけなくなった時に、歯医者さんからは両隣の歯を削って橋のようにつなぐ「ブリッジ」と骨にチタンで出来た歯の根っこを埋め込む「インプラント」の治療法を説明されることでしょう。
もちろん、オススメは「インプラント」です。インプラント治療の最大のメリットは、周囲の健康な歯を傷つけることなく、人工歯を埋め込むことができる点です。
ブリッジのように、抜けた歯の両隣の歯を削ってしまう施術となると、土台となる歯の寿命も短くなってしまいますし、2本の歯を3本に増やす治療法となるため、歯と歯の間に隙間が開き食べ物のカスや歯垢が溜まりやすくなるのです。
このような状況は、虫歯を作りやすくするので、あまり良いとは言えません。
その点インプラントは、周りの歯に与える影響がないのが、大きなメリットとなります。

メリット2.自分の歯のような感覚を味わえる

インプラントは、自らの骨にチタンで作られた歯の根っこを埋め込むという治療方法です。
治療してすぐは違和感を覚えるかもしれませんが、次第に自分の歯と同じような感覚で使うことができるようになるはずです。思いっ切り硬いものを噛むことができるのは、気持ちいいですよね。
手術後も定期的に検査がありますので、その都度歯医者さんと相談しながら、経過を見ていくことをオススメします。

メリット3.ブリッジに比べて、インプラントは長持ちする

メリット3.ブリッジに比べて、インプラントは長持ちする
前歯という目立つ部分にインプラントをするのですから、出来るだけ長持ちさせたいと思うでしょう。実はインプラントは的確な手術とその後の管理次第で、半永久的に持つとまで言われています。インプラントは自由診療なのでお金もかかりますから、一度手術を受けたら長持ちしてくれると嬉しいですね。

前歯は食事の際に食べ物を噛みきる大事な歯でもありますし、人の印象を左右する大事なパーツでもあります。前歯のインプラントは難しいと言われますが、大きなメリットがありますので、迷った際には是非アークデンタルに相談してみてください。

コラムバックナンバー