マウスピースによくある誤解とマウスピースで出来る5つの事

2016年09月1日 (木)更新

マウスピースによる矯正は比較的新しい治療法であるせいか、治療にあたり誤解されている点もあるようです。今回は、マウスピース矯正によくある誤解と、マウスピースでできるメリットについて紹介します。

マウスピース矯正のよくある誤解7つ

マウスピース矯正のよくある誤解7つ

1.マウスピース矯正は治療できる範囲が限られる?

マウスピース矯正には複数の種類があり、装置によって適応症例の範囲が異なります。また、歯科医のスキルによっても歯列矯正治療の対応できる適応範囲が異なります。従来、大がかりな治療を伴う歯列矯正にはマウスピースは不向きだとされてきましたが、最近では難症例でも治療した実績がありますので、歯科医に相談ください。

2.どのメーカーのマウスピースでも同じ?

メーカーによって、マウスピース装置の製造工程から交換頻度、材質がちがいます。種類によってメリットやデメリットが異なるので、かかりつけの歯医者さんにご相談ください。

3.従来の矯正法と比べて治療期間が長い?

治療期間は、歯科医の治療方針や治療計画等によって異なります。一般的には、従来の矯正治療とほとんど変わりがないといわれているようです。

4.マウスピースを着けていると話しにくい?

数日間は慣れる必要がありますが、ほとんどの場合、初めて装着した日から日常生活に支障なく会話ができるといわれています。

5.マウスピース矯正は痛い?

矯正治療は健康な歯を動かして歯列を整える治療なので、一般的に多少の痛みを伴う場合があります。痛みの程度には個人差がありますが、従来のブラケットやワイヤーによる矯正装置よりは、痛みや不快感が少ないという声が多いようです。

6.マウスピースをつけると虫歯になりやすい?

マウスピース矯正は、食事時や歯磨きをするときなど、自分で取り外しできます。歯磨きやケアが治療前と同じようにできるので、虫歯や歯周病リスクを減らすことができます。

7.治療費が高いのでは?

歯列矯正は自由診療なので、歯科医院によって費用は異なります。料金設定や支払いプランも様々なので、各歯科医院にご相談ください。

マウスピース矯正のメリット5つ

マウスピース矯正のメリット5つ
マウスピース矯正には、さまざまなメリットがあります。

● 装置が透明なので目立たず、矯正していることがわかりにくい
● 金属アレルギーの人でも使える
● 食事や歯磨き時に外せるので、虫歯リスクが低い
● スポーツをしている人や、部活動をする中高生も安全に使用できる
● 前歯だけなど軽微な矯正にも対応できる

マウスピース矯正は、従来の矯正法に抵抗があるという方でもチャレンジできる新しい歯列矯正方法です。

コラムバックナンバー